診療放射線技師の需要は高い?将来性や就職先を選ぶポイントについても解説

診療放射線技師を目指す人にとって、やはり気になるのが診療放射線技師の将来性。目指す職業の需要の高さや就職先は、仕事選びにおいて重要ですよね。そこで今回は診療放射線技師の将来性、主な就職先について詳しくご紹介します。ぜひ就職先を考える際の参考にご覧ください。

診療放射線技師の将来性

高齢化が進む現代では、病気の早期発見・早期治療の重要性が注目されています。健康診断や人間ドックが重要視されていることに伴い、放射線を扱った検査や治療行うことができる診療放射線技師の需要も拡大していくと考えられるでしょう。

さらには病気の早期発見・早期治療のニーズが高まるのに呼応するように、放射線治療の研究は進められており、今後さらに幅広い分野での活躍が期待されます。原子力産業や電力会社など、工業分野での放射線利用も増え、医療分野以外での活躍の場も広がることが予想できるでしょう。

また、近年では、乳がんの早期発見に欠かせないマンモグラフィ検査の関心の高まりにより、女性の診療放射線技師の需要も増加傾向にあります。さらに、一般の検査においても女性の診療放射線技師の需要は増加傾向で、今後もさらなる活躍が期待できます。

診療放射線技師の主な就職先【医療機関】

・病院
・クリニック
・健診センター
・保健所
幅広い分野で活躍できる診療放射線技師ですが、その中から自分に合う就職先を見つけるためには、それぞれの特徴を理解しておくことが大切です。就職後にギャップを感じることがないように、事前にしっかりと調べましょう。まずは診療放射線技師の主な就職先である医療機関について解説します。

病院

病院で働く診療放射線技師は、ひとつの検査業務を専任で担当するケースが多いです。専門性を高めたい人や、すでに特定の分野において高い技術を持つ人におすすめです。また救急の受け入れがある比較的大きい病院では、多くの症例を経験できるとともに、迅速かつ臨機応変な対応が求められます。 国立病院・公立病院は、給与が安定している点が魅力のひとつです。研究機関の側面も併せ持つ大学病院では、最新の医療や検査機器や医療に触れられるので、技術の向上を目指すのであれば、かなり恵まれた環境といえるでしょう。

クリニック(診療所)

クリニックはスタッフの数が少ないため、幅広い業務を担当することになります。ひとりで検査業務を任されることも多く、患者さんの案内や診療補助などの業務を行うことも少なくないでしょう。 クリニックでの主な検査業務は、X線撮影やCT検査、MRI検査、消化管検査などです。整形外科であれば一般撮影(レントゲン撮影)や骨密度検査を、婦人科・乳腺外科であれば、マンモグラフィ撮影や超音波検査、骨密度検査などを担当します。
また、クリニックは残業が少ない傾向にあるため、プライベートの時間も大切にしたい人も働きやすいでしょう。

健診センター

健診センターは、主に学校や企業に向けてさまざまな検査を提供する施設です。主な検査業務には、X線撮影やマンモグラフィ撮影、CT検査、MRI検査、消化管検査などがあり、検診車で施設外を巡回することもあります。健診センターの規模が大きければ最新の検査機器に触れられる機会や、より高度なスキルを要する検査を経験できる可能性も高いでしょう。
施設によっては日勤の出勤時間が早いですが、比較的残業が少なく夜勤もないので、時間に制約がある人でも働きやすいでしょう。

保健所

保健所は地域の健康管理の拠点としての役割を果たす公的機関です。保健所で働く診療放射線技師の主な業務内容は、X線撮影の他、病院への立ち入り検査や感染症に関する業務です。放射線に関する知見を活かして、医療機関の指導に当たったり、地域の人の健康に繋がる予防策を講じたりと、間接的にたくさんの人の病気予防に重要な役割を担っています。
また、保健所の診療放射線技師は公務員なため、給与面が安定している点が魅力のひとつでしょう。ただし採用数は毎年、非常に少ない傾向にあります。

診療放射線技師の主な就職先【企業】

・医療機器メーカー
・放射線関連企業
診療放射線技師の就職先は、医療機関だけではありません。専門性の高い知識を活かし、企業で新しい技術革新のために働くこともできます。診療放射線技師が働く主な企業について見ていきましょう。

医療機器メーカー

診療放射線技師が医療機器メーカーに勤務する場合は、「アプリケーションスペシャリスト」として働くことになります。主な業務内容は、医療機関への医療機器の説明や使い方指導です。医療機関が医療機器を導入する支援をすることで、間接的に病気の早期発見・早期治療に貢献できます。
放射線に関する知見を持っているだけでなく、医療現場の需要が分かることは大きな強みと言えるでしょう。

放射線関連企業

原子力産業や電力会社といった放射線関連企業でも診療放射線技師の需要は増えています。主な業務内容は、放射線測定や放射線管理、原子力施設の安全管理・運転などです。放射線に関する知識を活かして、日常生活を支える役割を担います。

医療とは直接関係がない業務内容ですが、原子力事業における安全性維持のために、重要な業務に携われる点は魅力でしょう。

診療放射線技師が就職先を選ぶときのポイント

・専門性を高めたい分野で選ぶ
・理想の診療放射線技師像で選ぶ
就職後のミスマッチを防ぐためには、自分が仕事をする上で重視したいポイントを整理することが大切です。診療放射線技師が就職先を選ぶ際に考えたい2つのポイントについてご紹介するので、ぜひ参考にご覧ください。

専門性を高めたい分野で選ぶ

養成校や現場で学んだことを整理して、特に学びたい・経験したいと思う分野や検査を考えてみましょう。転職の場合は、今までの職務経歴を書き出してみるのもおすすめです。関心が高い分野は、より意欲的に業務に取り組めます。好きな検査に携われる就職先で、さらに専門性を高めていきましょう。

規模が大きい施設は、ひとつの検査業務を専任で担当する傾向にあります。専門性を高めたい場合は大学病院や総合病院などの規模が大きい施設がおすすめです。

理想の診療放射線技師像で選ぶ

理想の診療放射線技師像や理想の働き方についてイメージを膨らませてみましょう。「病気の早期発見に貢献したい」、「癌治療に貢献したい」、「レディースクリニックで働きたい」、「子育てや介護などのプライベートに主軸を置いた働き方をしたい」、「夜勤がない勤務先で働きたい」など、自分の希望する働き方ができる施設を選ぶことが大切です。優先順位を決め、数多くの求人の中から、希望条件にマッチしたものを絞り込んでいいきましょう。

診療放射線技師の仕事は就職先の選択肢が多く需要も安定している

診療放射線技師は放射線に携わるスペシャリストとして、幅広い分野で需要がある職種です。早期発見・治療への意識が高まる中、今後もますます活躍が期待できます。また、医療機関はもちろん、一般企業でも活躍できるでしょう。

メドフィットは、医療・介護業界では最大級規模の求人数を誇る医療・介護職専門の求人及び転職サポートサイトです。求人紹介や面接対策、条件面の交渉など専門のキャリアエージェントが転職活動をバックアップ。現職の円満退社から入社後のアドバイスまで、医療・介護職に転職希望の方をしっかりサポートします。診断放射線技師の求人をお探しの方は、ぜひお気軽にご利用ください。



診療放射線技師の国家試験対策を行っています。通信(オンライン)によって全国から受講可能です。