診療放射線技師の志望動機の書き方を徹底解説

診療放射線技師は専門性の高い国家資格です。求人は必ずありますが、人気の職場は倍率も上がります。そこで今回は希望の職場に採用されるための志望動機の書き方、伝え方について解説します。履歴書や面接において、志望動機は大きなポイントになるので、ぜひ作成の参考にしてみてください。

診療放射線技師の履歴書を書く前に確認したいこと

・提出期限
・手書き指定の有無
・基本的な履歴書の書き方
履歴書を作成する際はまず提出期限を確認し、締め切りに余裕をもって作成することが大切です。また、手書き指定があるかどうかは必ず確認しましょう。指定がない場合はパソコンで作成しても構いません。
西暦や和暦の統一、適切な文字数など基本的な履歴書の書き方もおさらいしておきましょう。学歴や職歴の年月日は記憶だけに頼らず、必ず書類等で確認します。
履歴書を作成した後は内容を読み直し、間違いが無いかチェックして仕上げましょう。

診療放射線技師の志望動機に書きたい3つのポイント

・応募先のどこに魅力を感じたか
・これまでの経験を元にどう貢献できるのか
・今後どのように成長したいか
採用する側は診療放射線技師の志望動機を見るとき、大きく上記3つのポイントをチェックしています。このポイントを外さず自身の仕事に対する熱意、人と成りを理解してもらうことが大切です。3つのポイントについて詳しく解説します。

応募先に魅力を感じた点

他の求人でなく応募先の求人に応募した理由、応募先に魅力を感じた点は必ず書きましょう。この職場だからこその魅力や応募先で自分が経験できることを転職理由に結び付けてかくと説得力が増します。 「なぜこの職場か」は採用する側がもっとも知りたいポイントともいえます。ここを志望動機で適切に伝えることで、応募先への熱意をアピールすることができるでしょう。

これまでの経験を元にどう貢献できるのか

これまでの経験に触れながら、それをもとに応募先でどのように貢献できるかを書きましょう。自分のスキルや応募先での働き方を具体的に述べることで、採用担当者は働いている応募者の姿をイメージしやすくなります。 具体的には取り扱ってきた医療機器や前職での人との関わりについて書くとよいでしょう。 複数の医療機器を日常的に扱う業務だった、役職についていなくても後輩がいて指導する立場だった、など職務履歴には書かないがアピールできるポイントがたくさんあります。

今後どのように成長したいか

これまでに経験した業務内容を活かし、今後どのように成長していきたいかを書きましょう。採用担当者はここから「長期的な勤続が望めるか」「応募先の求める人物像に合致しているか」を判断します。採用先での将来的な展望をしっかり考えていることをアピールできれば、採用担当者に仕事へのモチベーションの高さを伝えることもできるでしょう。

診療放射線技師の志望動機の考え方

・応募先をよく研究する
・これまでの経験を整理する
・自分の強みを分析する
応募先から「一緒に働きたい」と思ってもらうためには、応募者、採用者それぞれのマッチングが大切です。どんなに優秀でも「うちと合わない」と思われてしまっては採用に至りません。ここではマッチングがうまくいく志望動機を作成するための考え方について解説します。

応募先をよく研究する

応募先を研究して、応募先(法人)の特徴と同業他社(法人)との違いを調べましょう。 応募先を知ることで「なぜここで働きたいのか」という自分の志望動機を具体化できます。 公式ホームページや採用情報を調べたり、説明会へ参加したりして情報を集めます。現職の人やかつて働いていた人に話を聞くのも良いでしょう。

これまでの経験を整理する

自分の職務履歴を棚おろしして、経験や業務内容、取り扱ってきた医療機器などを整理しましょう。記憶だけに頼らず、仕事の資料や記録なども参考に書き出していきます。 志望動機のもととなる大切な情報なので、ささいな経験も過小評価せず、まずは具体的に書いてみるのがおすすめです。その中で自分の強みを見つけていくことができるでしょう。

自分の強みを分析する

これまでの経験を整理したら、それをもとに自分の強みを分析しましょう。 応募先の求める人物像と照らし合わせて、組み立てていくと効果的な志望動機をつくりやすいでしょう。応募先のニーズとマッチした強みは、自分はここで活躍できる人材であるというアピールにつながります。入職してからのギャップを埋めるためにも、自分の強みと応募先の求めるものが合っているかを確認することはとても大切です。

診療放射線技師の志望動機の例文集

転職状況別の志望動機文例をご紹介します。志望動機で大切なことは「自分の言葉で書くこと」です。同様の状況であっても完全に写すことはせず、自分の言葉や経験で語りましょう。ぜひ参考にご覧ください。

一般病院から総合病院へ転職する場合

急性期病院としてさまざまなモダリティを扱われている貴院で、放射線治療に携わりたいと思い志望いたしました。 現職は内科、小児科をメインとした病院に勤務しており、CT検査、一般レントゲン検査、マーゲンを担当しております。放射線治療となると別の病院を紹介する現状において、自身の技術により患者様の治療にも関わりたいと強く思いました。検査による異常の早期発見のスキルを活かし、初期の治療を目指して貴院に貢献したいと考えています。

病院からクリニック(診療所)へ転職する場合

現職は総合病院でCT検査、マンモグラフィを担当しております。業務の中で特にマンモグラフィ検査の技術をより磨きたいと考えていたところ、今回ブレストクリニックである貴院でマンモグラフィの担当者を募集していると伺い志望させていただきました。 昨年、検診マンモグラフィ撮影認定を取得いたしました。前職で培った技術と知識を活かして、専門性をより磨きながら貴院に貢献したいと考えております。

病院から健診センターへ転職する場合

以前から予防医学に興味があり、貴法人の充実したモダリティによる検診には早期発見、早期治療への強い熱意があることを説明会で伺い、その理念に感銘を受け志望させていただきました。現職ではCT検査の担当を主に行っています。昨年には肺がんCT検診認定を取得いたしました。応募させていただいた肺がん健診の担当として知識を活かしたいと考えています。そのほかのモダリティについても、貴法人で診断価値の高い画像を医師に提供できるよう技術向上に努めたいと思います。

クリニック(診療所)から別のクリニック(診療所)へ転職する場合

自身が長く野球をやっていたこともあり、スポーツ専門の整形外科で患者様を支えたいという希望がありました。貴院ではお医者様を始めとして、看護師、理学療法士と連携したチーム医療を大切にしているという理念を伺い、そのチームの一員としてぜひ治療に携わりたいと考え今回応募いたしました。楽しく生涯スポーツを続けるために患者様を支えるという理念にも大変共感し、ともに働かせていただきたいと思いました。
前職では内科のクリニックで一般レントゲン、CTを担当しておりました。骨粗しょう症の検査も行っていましたので骨密度検査の経験もあり、そちらはすぐに活かせるのではないかと考えています。

クリニック(診療所)から病院へ転職する場合

現職は消化器専門のクリニックでマーゲン、大腸CTの業務に携わっております。業務を行う上でさらに複数のモダリティについての操作技術を高めたいという気持ちが強くなり、転職を決意しました。貴院では精度の高いモダリティを数多く導入し、病変の早期発見から速やかな治療につなげていると伺っています。貴院で新しいモダリティの操作技術の向上を図りつつ、質の高い画像提供を行いたいと考え、志望いたしました。
現職は限られた人数でチーム医療を行っており、大腸CT専門技師の認定を取得し画像診断の一次チェックや後輩の指導にも携わっております。
貴院においてもチーム医療の一員としてそれらの経験を活かしたいと考えております。

健診センターから病院へ転職する場合

健診センターで一般レントゲン、CT、マーゲンの担当をしておりました。予防医学の観点から大切な仕事であるという理解はありましたが、やはり患者様の治療まで関わりたいという気持ちが強くなり、貴院を志望させていただきました。
貴院ではPET-CTによるがん早期発見から早期治療に力を入れていると伺っています。
貴院で放射線治療の技術を学びながら核医学専門技師の資格取得も視野に入れ、技術向上を続けたいと考えております。また、貴院では患者様へのホスピタリティを大切にするという理念も伺いましたが、接遇、マナーに関しましては健診センターでの受診者応対で学んだことを活かせると考えております。

新卒で総合病院へ就職する場合

この地域で生まれ育ち、私自身も患者として何度も貴院にお世話になりました。健診センターを併設し、異常の早期発見から治療へスムーズにつながり地域の人々の健康を全体的に支えている貴院で、診療放射線技師として貢献いたいと考え応募いたしました。貴院の放射線治療科には数々の認定資格をお持ちの先輩技師が在籍されています。私もその一員といて先輩方より技術を学び、少しでも早く一人前の診療検査技師になりたいと思います。アルバイトで貴院関連の介護施設で働いていた経験もあり、患者様の接遇について活かせるところがあると考えています。

ブランク後に病院に転職する場合

退職前は内科、小児科専門の病院でレントゲン、CTを担当しておりましたが、結婚し夫の転勤に伴い退職いたしました。その後出産、育児と働かない期間が長くなりましたが、今回退職前と同様の専門病院である貴院で経験を活かして働きたいと考え応募いたしました。
前職でお子さんのレントゲンを担当する際は、不安にならないようなお声がけや部屋の装飾などに力を入れ、リラックスした状態で受けてもらえるよう工夫をしておりました。貴院でも地域の方々の医療を放射線技師として支え、診断価値のより高い画像を提供するため技術向上の勉強に励みたいと考えております。

診療放射線技師の志望動機は応募先に合った経験と熱意が大事!

診療放射技師は専門性の高い資格であり、仕事内容も専門的です。しかし、実は応募先によって求められる経験や技術、コミュニケーション力などには違いがあります。志望動機を書く際には、希望する応募先に「うちに合っている」と思ってもらえるように、強みや経験をアピールできるような書き方を心掛けて作成していきましょう。
同時に自分が希望する応募先が本当に自分の希望条件に合っているのかということを考えることも大切です。

メドフィットは、医療・介護業界では最大級規模の求人数を誇る医療・介護職専門の求人及び転職サポートサイトです。求人紹介や面接対策、条件面の交渉など専門のキャリアエージェントが転職活動をバックアップ。現職の円満退社から入社後のアドバイスまで、医療・介護職に転職希望の方をしっかりサポートします。診断放射線技師の求人をお探しの方は、ぜひお気軽にご利用ください。

診療放射線技師の新着求人情報

  • 《日勤のみ・CT、MRIの経験を活かせます》市川市の回復期リ・・・

    求人名非公開 ※詳細はお問い合わせ下さい

    月給 270,700円~3・・・

    千葉県市川市

    病院での診療放射線技師業務/CT/MRI/日勤のみ」

     
  • 《年間休日120日・福利厚生充実》江東区の健診・外来クリニッ・・・

    求人名非公開 ※詳細はお問い合わせ下さい

    月給 380,000円~ ・・・

    東京都江東区

    クリニックにおける診療放射線技師業務全般/第1種放射線取扱主任者/PET

     
  • 《最寄駅から徒歩1分・福利厚生充実》健診・外来クリニック

    求人名非公開 ※詳細はお問い合わせ下さい

    月給 324,000円~3・・・

    東京都港区

    クリニックでの放射線技師業務全般/MRI/健診

     
診療放射線技師の国家試験対策を行っています。通信(オンライン)によって全国から受講可能です。