移植細胞によるALSの新治療に「表面移植法」

公開日:
最終更新日:

京都大学は7月25日、関谷徹治氏(同大大学院医学研究科研究生(彦根中央病院脳神経外科医師))らの研究グループによって、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療には、脊髄の表面に移植細胞を「表面に置くだけ」の表面移植法が、従来の治療法よりも害が少なく、より効果的である可能性が高いことを提唱したと発表した。

同研究成果は「Trends in Neurosciences」に掲載された。

移植細胞の直接注入よりも効果的な治療法は不明

ALSなどの神経難病の治療では、『細胞移植』の試みが有望な治療方法のひとつになるとして、広く研究が行われてきている。

これまでの治療としては、「移植細胞を神経組織の中に注射器で直接注入する」という方法がとられてきたが、これが本当にベストな移植方法であるのか、やり良い治療法があるのかは不明なままだった。

「表面に置くだけ」の表面移植法が、害も少なくより効果的である可能性

同研究グループでは、2015年に、傷ついた聴神経の上に細胞を置くという「表面移植法」によって、聴神経機能を回復させる実験に成功。

中枢神経内の瘢痕の中の「アストログリア」が神経再生のために大きな役割を果たすことも証明した。

ALSで亡くなった患者の脊髄には、中枢神経組織に「瘢痕」の突起ができており、シュワン細胞がこれと帯状に長くつながる現象を、同研究グループでは細胞移植の観点から「アストログリア突起・シュワン細胞複合体」と命名。

この複合体の上に細胞を表面移植することで、神経突起は複合体に沿って伸びるように、筋肉とつながる可能性があるという。

この「表面移植法」によって、神経突起と筋肉がつながるとすると、ALS患者の筋肉機能が回復することが見込めるため、同研究グループは今後の実験的・臨床的検討を行いたい考えだ。

麻痺を避けて筋肉の機能回復の可能性も

これまでにALS患者の脊髄内に細胞を直接注入した検証では、「両下肢の麻痺が起こった」という報告があるが、「表面移植法」によって、このような事態を避けながら筋肉の機能回復を図ることができる可能性があるという。

また、今後の検討課題としては、神経系の深い部分に病気ができる場合に、表面移植法がどの程度使えるかになるとしている。

深部にある病変でも、従来では「神経再生を邪魔するもの」と考えられていた瘢痕が実は役立つという報告もある。そのため、深部にある瘢痕の表面が、移植された細胞にとって重要な意味を持つ可能性が残される。

公開日 :2018.08.21 更新日 :2021.10.06

理学療法士の新着求人情報

  • 《土日休み・託児所あり》都営三田線の本蓮沼駅より徒歩7分の病・・・

    求人名非公開 ※詳細はお問い合わせ下さい

    月給 260,000~400・・・

    東京都板橋区

    リハビリ業務全般/機能訓練/物理療法/ADL訓練/カンファレンス/土日休み

     
  • 《新卒未経験OK・経験不問・マイカー通勤可能・入間駅徒歩8分・・・

    社会医療法人東明会 原田病院

    (新卒) 月給260,00・・・

    埼玉県入間市

    新卒未経験可能/病院/リハビリテーション/訪問/病棟/理学療法士

     
  • 《年休115日・様々な経験が積める環境》今池駅より徒歩7分の・・・

    医療法人豊隆会 ちくさ病院

    月給 213,600円~3・・・

    愛知県名古屋市

    理学療法士業務/病棟/外来業務/訪問リハビリ/年休115日/福利厚生充実

     

LINE公式アカウント

LINEにて情報配信中!あなたの転職活動をLINEでもサポート。エージェントへ気軽に相談や質問が可能です。

我々は「入職後の活躍」を見据えて、組織にフィットする方々をご紹介しています。
コメディカルのマッチングでは、10年以上の実績がございます。積み上げたノウハウを活かして、採用をサポートいたします。