大腸がんを切らずにリアルタイムで組織診断

公開日:
最終更新日:

大阪大学は7月31日、松井崇浩氏(同大大学院医学系研究科特任助教)、石井優氏(免疫細胞生物学教授)、森正樹氏(消化器外科学教授)らの研究グループによって、固定・染色などの工程を行うことなく、生きた組織のままで大腸がんをリアルタイムで発見する『切らない組織診断』を開発したと発表した。

同研究成果は、イギリスの自然科学分野の電子ジャーナル「Scientific Reports」に掲載されている。

従来のがん診断では侵襲的な処置、診断時間が課題

従来のがん診断では、まず生検・手術によって病変部から組織を切り取った後、複数の処理工程を経てガラス標本を作製し、それを顕微鏡による観察で診断するものだった。

そのため、組織の採取には患者へ負担の大きい侵襲的な処置が必須となっており、また検査を受けてから診断が出るまでに一定の時間がかかることも課題となっている。

「多光子励起イメージング技術」で低侵襲・迅速・定量的に

今回、同研究グループでは、最新の生体可視化システム「多光子励起イメージング技術」を用いたことで、固定・染色など従来の処理工程を行わずに、『生きた組織』のままで迅速にヒト大腸組織の深部を観察可能な方法を開発することに成功。

この方法を使うことで、正常の大腸組織・大腸がんの組織を従来の診断方法よりも低侵襲的(患者の負担を軽減)かつ迅速、定量的な診断が可能になるという。

内視鏡など医療機器への応用に期待

同研究グループでは、今回開発された手法によって早期がんの診断・内視鏡治療の分野に対しても、その精度向上に大きく貢献すると考えているとしている。

今後は、今回の技術を内視鏡など医療機器に応用することで患者の負担が少ないがん診断を実現することが期待される。

公開日 :2017.09.15 更新日 :2021.10.06

臨床工学技士の新着求人情報

  • 《内視鏡業務選任・福利厚生充実》港区の健診・外来クリニック

    求人名非公開 ※詳細はお問い合わせ下さい

    月給 350,000円~ ・・・

    東京都港区

    クリニックでの臨床工学技士業務/内視鏡/日勤帯

     
  • 《有給取得率90%以上・賞与合計4.10ヶ月分》平塚市の透析・・・

    求人名非公開 ※詳細はお問い合わせ下さい

    月給 235,000円~3・・・

    神奈川県平塚市

    透析クリニックでの臨床工学技士業務/透析/年間休日115日

     
  • 《マイカー通勤可能・日勤のみ》伊勢原市の専門クリニック

    求人名非公開 ※詳細はお問い合わせ下さい

    月給 235,000~300・・・

    神奈川県伊勢原市

    クリニック内での透析業務/日勤のみ/早番あり/マイカー通勤可

     

LINE公式アカウント

LINEにて情報配信中!あなたの転職活動をLINEでもサポート。エージェントへ気軽に相談や質問が可能です。

我々は「入職後の活躍」を見据えて、組織にフィットする方々をご紹介しています。
コメディカルのマッチングでは、10年以上の実績がございます。積み上げたノウハウを活かして、採用をサポートいたします。